池袋暴走事故・裁判が始まる

 元国の官僚だった飯塚幸三被告(89)が運転する車が歩道に乗り上げて、歩行者を次々にはねて、松永真菜さんと娘の莉子ちゃんが死亡し、9人が重軽傷を負った事故の裁判が始まりました。飯塚被告は「アクセルを踏み続けた覚えはない・車の異常で死傷させてしまい、遺族の方には申し訳ない」と話し、起訴事実を否認し、無罪を主張しました。しかし、検察側の調べでは「車自体に異常があったという証拠はない・アクセルを踏み続けたデータが残っており、ブレーキを踏んだというデータはない」とのべて、検察側は「事故は飯塚被告の運転操作ミスによって引き起こされたもの」と主張しました。

 この事故、高齢化社会を迎えて、高齢者が運転免許証の自主返納を促すきっかけにもなった事故ですよね。この飯塚被告の認知機能に問題がなかったのかどうかは判然としませんが、専門家が調べた結果、車に異常はなかったということですので、飯塚被告の主張が間違っているのであると思います。

 松永さん親子にとっては、ごく毎日の散歩だったに違いありません。そのありふれた散歩の中で、まさかこのような事故に巻き込まれるとは夢にも思ってなかったと思います。松永さんのご主人にとっては、ごく平凡な毎日を突然奪われて、さらに被告が「車の異常で起こった事故だ」と話していることに、怒りを抱くのも当然だろうと思います。私は起こってしまったことに対しては、嘘偽りなく、本当のことを話して、ご遺族の方々彩、重軽症を負ってしまった方々に心の底から「申し訳なかった」と謝罪するのが筋だろうと思います。それができないのは、元国の官僚だったというプライドが許さないのでしょうか。私の父も後期高齢者の仲間入りをして、まだまだこれからも車の運転が必要な状態が続くため、くれぐれもスピードの出しすぎ、車間距離の詰め過ぎには十分注意するように伝えておこうと思います。改めて事故で犠牲になってしまった真菜さんと莉子ちゃんに対して、心よりご冥福をお祈りいたします。