卓球初の金メダル獲得。

昨日の夜、ブログを更新したあと、卓球のミックスダブルスの決勝戦が行われ、伊藤美誠水谷隼ペアと中国のキョキン・劉詩雯ペアと対戦し、最初の2ゲームを奪われる苦しい展開となりましたが、第3ゲームを11−9で奪い返し、第4ゲームも11-9で奪い返し、2-2のイーブンに持ち込み、更に勢いがついた状態で第5ゲームも11−6で奪い、大手をかけます。後の無くなった中国ペアが第6ゲームを奪い返して、金メダルの行方はファイナルゲームまでもつれ込む激戦となりました。ファイナルゲームは8連続ポイントを奪って、最後は11-6で奪って、日本に卓球のオリンピック史上初めて金メダルを獲得しました。
ここまで来るのに、長い苦しい試合がたくさんあったと思います。最後の一球まで諦めない姿に感動しました。
それにしても息のあったコンビでしたね〜。正しく日本を代表するエースに成長しましたね〜。本当におめでとうございます。

そして今日は柔道男子81kg級で永瀬貴規選手が金メダル獲得しましたね〜。私は仕事の関係で、決勝戦しか見られなかったんですが、相手はモンゴルの選手との対戦だったんですが、相手の得意ワザは肩車。準決勝でもラジオ中継では何度も繰り出した技だったんですが、永瀬選手は完全に封じ込めて、相手の繰り出す技を辛抱強く耐え忍んで、ゴールデンスコア方式の延長線を制して見事な優勝でしたね。

それから昨日は男子体操団体の決勝が行われました。団体メンバーは全員オリンピック初出場という若いメンバーでした。萱和磨選手はリオ大会は補欠で悔しい思いをしていたと思います。そして谷川・橋本・北園選手の力強い縁起を見ていると、男子体操をこれから彼らがけん引していくんだろうなって思いました。
この大会では、既にこれまで引っ張ってきた内村選手はもう出場できません。確実にあとを引き継いでいってほしいなと思います。金メダルを獲得したROCとは僅差での銀メダルでした。大丈夫、世界と十分に戦える若い力を見せてくれました。体操ニッボンの伝統を受け継いでいってほしいなと思います。

また、新たに採用されたサーフィンは、五十嵐カノア選手が銀メダルを獲得してくれました。まだ試合の様子を見ていないので、後でまたニュースを見てみようと思います。

いじめ後遺症についてなおざりにされている現状

今日の朝のラジオのニュース深読みで、イジメの後遺症がなおざりにされている、置き去りにされている原状について、精神科の先生が話をされていました。専門家の先生の話を聞きながら、いじめ被害者がいじめがなくなったあと、いじめが終わったあとも、被害者の心を苦しめ、蝕み続けている現状が顧みられていないと訴えられてました。話を聞きながら、私はそのとおりだと思いました。私もかつて凄惨ないじめに苦しみ、なんの落ち度もない私が、故郷の大阪を追われ、家族全員の人生がめちゃくちゃに破壊され、蹂躙された挙げ句、何もかも失って、相手からは謝罪の一言もなく、今となってはそんな過去すらなかったことにされてしまっているのが現実です。
未だにいじめに関して多くの偏見や誤解があるように思います。まず、いじめられる側にも原因があるっていう言葉を聞きますが、私がいじめのターゲットにされた主な要因は、私が抱えていたアレルギー性鼻炎でした。逆にそのようないじめられる側にも原因があると言われる方に問いたいのは、私がいじめられたのはアレルギー性鼻炎だけど、それでいじめられた私にも原因があると言うんでしょうか。私がアレルギー性鼻炎を抱えていたから、いじめられて当然だとでも言うんでしょうか。アレルギー性鼻炎は私にはどうしようもない、体質の問題であって、それで攻撃されなければならないと言うのは、私にはとてもじゃないですけど容認できるものではありません。
そして、いじめ被害を訴えたら、それはもう済んだ話だろって言われますが、被害者は、ずっとフラッシュバックやPTSDに苦しみ、一生治ることのない苦しみを味わい続けるんです。そんな地獄のような苦しみ、想像できますか?そして被害を訴えても軽微な罰金や懲役で済まされてしまう現実、被害者が一生抱えなければならない苦しみに比べたら、ほとんど泣き寝入りするしかない現実は、あなたがもしいじめ被害者になったときに耐えられますか?

今日もメダルラッシュ

熱戦が続く東京オリンピック。今日もたくさんメダル獲得してくれましたね。まずは大きく話題になったのがスケボーの13歳スケートボーダー西谷椛選手が史上最年少記録を塗り替える13歳10ヶ月での金メダルを獲得しました。まだ私は技がどうだったのかなど、まだ見てないので、改めてスポーツニュースを見てみようと思います。また銅メダルも獲得し、日本のスノボの実力の高さを改めて示してくれましたね。
この他、男子柔道の73kg級で大野将平選手がゴールデンスコア方式による延長戦を制して、見事に金メダルを獲得し、大会連覇を果たしました。大野選手はどんなに追い詰められても、どんなにしんどい場面でも決して顔色一つ変えずに、正々堂々、一本にこだわる柔道をみせてくれましたね。本当に嬉しかったなぁ〜。地元山口もまた盛り上がるでしょうね。
また、女子57kg級では芳田司選手が出場し、準決勝で敗退し、3位決定戦にまわり、見事に一本勝ちして、銅メダルを獲得しました。3位決定戦が終わったあとも、悔しそうな表情をしてましたが、この悔しさは三年後のパリ大会で果たしてほしいなと思います。
 また、アーチェリー団体男子が銅メダルを獲得し、このあとはメダルが獲得している、卓球のミックスダブルスの決勝があります。それから体操男子団体も控えています。このあとも目が離せないですね〜。

今日は金メダル4個獲得。

競技が本格的に始まって二日目の東京オリンピック。今日も近メダルラッシュになりましたね〜。 
まず今日最初の金メダルが競泳の女子400メートル個人メドレー大橋悠依選手が2位を引き離しての金メダル獲得でした。競泳は昨日、瀬戸大也選手が予選敗退、400メートルメドレーリレーも予選敗退と、ちょっと嫌な流れになっていただけに、その嫌な流れを払拭する結果になりましたね。
そしてスケートボードストリートの堀米雄斗選手が、新競技の初代チャンピオンになりましたね〜。私は決勝の後半部分を見たんですが、大技を次々決めての優勝でした。

そして柔道。女子52kg級の阿部詩選手、男子66kg級の阿部一二三選手との兄妹二人揃っての金メダル。史上初の快挙だとか。すごいことですよね〜。私は決勝戦を見たんですが、やはりドキドキしましたね。兄妹で同じスポーツをしていると、どちらかの実力が抜きん出ていることも多いですが、安倍兄妹はお互いがライバルであり、良き見本だったんだろうなと思います。今日はたくさん君が代を聞けてよかったです。
この他、女子ソフトボールが決勝戦進出を果たして、メダル獲得が確定しました。宿敵アメリカを倒して、13年越しの連覇を果たしてほしいです。

柔道で金メダルと銀メダル獲得

今日から本格的に競技が始まりました。男子60kg級で高藤選手が金メダル、女子48kg級では渡名喜選手が銀メダルを獲得しました。私は決勝戦を両方見たんですが、やはり決勝戦ともなると、独特の緊張感が漂ってますね。高藤選手はゴールデンスコア方式の延長線に突入し、延長に入ってから、台湾の選手に3枚目の指導が行き、高藤選手が反則勝ちを収めました。
渡名喜選手は、積極的に攻めたんですか、試合終了間際に技アリを奪われて、惜しくも銀メダルでしたが、これから先の日本代表チームに勢いを与える結果になったんじゃないかと思います。オリンピア野悔しさは、三年後のパリオリンピックで晴らしてほしいなと思います。

一方で、世代交代を思い知らされたシーンも見られましたね。鉄棒に絞って出場した内村航平選手。ブレットシュナイダーなどの大技を次々決めて、演技後半に入って、まさかの落下。大きく減点されて、予選敗退となってしまいました。内村選手は潔く敗北を認めて、今後の主役は後輩たちだって話てたので、引退するのかもなって思いました。
そして、女子ウェイトリフティングを長年牽引してきた三宅宏実選手。記録なしという結果に終わり、引退することを正式に表明しました。どの選手にも、いずれは引退の時を迎えますが、やはり長年引っ張ってきた両選手には労いの言葉をかけたいですね。
これからまだまだ熱戦が続いていきますが、どの選手もベストパフォーマンスを発揮してほしいなと思います。

いよいよ開会式

色々とゴタゴタやスキャンダル続出のオリンピック開会式。人格的に疑いをもつ人物が次々と辞任、または解任される事態になって、人選自体どうだったのか、厳しく追求しなければいけないことにもなる気がする私です。
それでも開会式が目前に迫っているわけで、これから閉幕まで、無事に進んでいってほしいなと思います。

開会式は参加する国が全て入場し、実況アナウンサーの国や地域の解説や、参加する国がおかれている状況が聴けるので、世界のいまを知る貴重な記載となってます。子供が小さかった頃は子供向けの地理の本を持ち出してきて、国の紹介が行われる度に、本を見ながら楽しんでましたね。小さな国から、スポーツ大国まで、一堂に会するシーンは、そう多くはないですからね。 開会式は今日午後8時。いよいよ開幕するんだという思いを胸に、テレビで見ようと思います。頑張れ日本

ソフトボールは開幕2連勝・サッカー男子は辛勝

 昨日はソフトボールの予選ラウンドと、サッカー男子開幕戦が行われて、ソフトボールは、メキシコ相手に3‐2で延長8回サヨナラ勝ちで、開幕2連勝としました。先発の上野投手がメキシコを2失点に抑えて、あとを受けた藤田倭選手が反撃を許さないで、サヨナラ勝ちに繋げました。やはり上野投手の投球は圧巻でしたね。球威があって、なかなか打たれる感じがしなかったです。このまま予選ラウンドを勝ち抜いて、決勝トーナメントに進出してほしいなと思います。

 一方の男子サッカーのグループトーナメントが始まり、日本は南アフリカと対戦しました。この試合は私もテレビ観戦したんですが、圧倒的にボールを支配して、シュートをうつも、なかなかゴールをこじ開けるまではいかなくて、前半は0-0で折り返しました。後半もボールを支配しながら、なかなか得点できない場面が続きましたが、久保建英選手がほんのわずかなスキをついてゴールをこじ開けて、そのまま1‐0で勝って、勝ち点3を手にしましたが、みていて実に不可解なジャッジが多かったような感じがしました。「あれがファールなのか?」っていうようなジャッジが数多くみられて、南アフリカフリーキックがめっちゃ多かったなって印象を受けました。はっきり言って、m南アフリカ選手のオーバーゼスチャーなんじゃないかっていうシーンが目につきました。なんか買ったけど、すっきりしない感じが私はしました。まぁ、勝ったから良しという感じもしますが…。やはり審判には公平・公正なジャッジを望みたいなって思います。

 ちょっと話はそれますが、この審判も今後はAIにとってかわられるんでしょうねぇ。AIの判定だと多分人間がジャッジするよりも、ミスジャッジが格段に減ると思います。

 さて、今日はいよいよ開会式。あれだけスキャンダルに見舞われましたが、何とか無事に式典が終わってほしいなって思います。そして、明日から本格的に協議が始まりますが、選手の皆さんにはコロナ感染には十分注意してほしいなって思います。