sakura542gouのブログ

日々思うこと色々書いてます。今年は空と結婚し、新たな生活が始まりました。

惜しかった〜。

昨日行われた、世界卓球2024団体戦女子決勝。張本美和選手、早田ひな選手、平野美宇選手で臨んだ日本代表チームは、打倒中国目指して戦いました。張本美和選手が、世界ランキングNo. 1の孫けいさ選手に善戦しましたが、3ー0のストレートで敗れ、早田ひな選手が第2ゲームで3ー1で取り、平野選手も3ー1で勝ったみたいですが、私は平野美宇選手が登場したまでは覚えているんですが、ゲームが始まる頃には深い夢の中…。爆睡していて、朝4時過ぎにトイレで目が覚めて、ネットニュースを見てみると、ゲームカウント3ー2だったみたいですね。フルゲームまでもつれ込んだ大接戦だったようです。惜しくも準優勝でしたが、パリオリンピックでの活躍が楽しみですね。

一方で女子サッカーのオリンピック出場権獲得を目指すなでしこジャパンは、サウジアラビアのジッタで北朝鮮代表との試合に臨みましたが、スコアレスドローだったみたいですね。28日に国立競技場で、同じく北朝鮮と試合して、勝ったらオリンピック出場が決まります。リオデジャネイロオリンピックの時は、出場権を逃してますので、なんとしても勝ってほしいです。

空のお母さん

昨日、市内の老人介護施設に入所している、空のお母さんの面会に空と姪っ子さんとお母さんのひ孫さんと3人で行ってきました。お母さんは認知症が進行していて、娘である空のことが時折わからなくなってしまっているようで、それは空も覚悟をしていたようです。空が私と結婚してからは、入所の手続きなどは空のお兄さんが行なって、面会などはお兄さんの了承を得ないとできなくて、空は面会票でキーパーソン(お兄さん)の方の許可なしに会えない、キーパーソンの方と一緒でないと、面会できない。昔の思い出話をするのも、古い写真などを見せるのもダメなどと言われたそうです。昔からお兄さんとの関係性があまり良くなくて、空が提案とか、要望とかをお兄さんにすると、何倍にもなって言いくるめられて、空からの提案や要望は聞き入れてもらえなかったそうで、昨日空からの話を聞いた私は、私の祖母の時のことや、熊毛の母の老人介護施設に入所するときの体験談を話したんですが、私は空のお母さんにとって、空は娘であり、自分の生んだ息子とはいえ、お兄さんには話しづらいことや、娘にしかいえないことも必ずあるから、なんとか空とお母さんが話をできる時間をほんの少しでもいいから、取ってあげてほしいなと思います。面会は月に2回、10分程度の時間しかないので、一回はお兄さんとお母さん、もう一回を空と姪っ子さんとひ孫さんとってなっているんですが、お兄さんと空が5分ずつとか、できないのかなぁって。空がお母さんと面会している間はお兄さんには席を外してもらってらなんとか少しの時間でも、空とお母さんが二人きりで話できる時間を作ってあげてほしい。そして、たった2人しかいない兄妹が仲違いすることなく、残り少ないお母さんのこれからの人生を安心して過ごせるように。これから先の空とお兄さんが笑って過ごせるようにと願っています。お母さんと少しでも話ができたらそれが今精神的に不安定になっている空の心の余裕にもつながるのではないかと思います。

ウクライナ戦争開戦から2年

今月24日で、ロシアがウクライナに軍事侵攻日開始して、丸2年を迎えます。ウクライナでのナチスからロシアを守るためと称して、ウクライナNATO加盟を阻止するため、ウクライナに侵攻を開始したわけですが、西側諸国、とりわけEU加盟国やアメリカ、日本などの経済制裁などもあまり効果なく、ロシアは今も軍事攻撃を続けており、昨年6月よりウクライナ側が反転攻勢を仕掛けて行きましたが、ロシア側の固い防御の壁をなかなか打ち破ることができずに、ウクライナ東部のアウディーイウカがロシア側に陥落するなど、劣勢に立たされていますが、おそらくロシア側は西側諸国の足並みの乱れが噴出するのを待っていたのではないかと思います。

EU側は最新鋭の戦闘機のパイロットの育成をウクライナ空軍に対して行うと言われてましたが、今はどこの段階まで育成ができているのか、最新鋭戦闘機が配備されて、制空権が取れるのかが鍵だと思いますが、今このウクライナ戦争が長引いた場合、そしてロシアが力によって現状変更が成功してしまうと、台湾海峡や台湾を巡る緊張の高まりや、北朝鮮による韓国への休戦協定を破っての軍事攻撃や中東地域の不安定化など、各地での力による現状変更を企てる独裁者も出てくるのではないかと危惧してます。

今世界はロシアとどのように向き合う必要があるのか、ロシアと日本は北方領土の問題もありますし、決して他人事、対岸の火事ではありません。日本政府にはロシア極東と距離も近い北海道などの領土保全もしっかり考えておかないといけないように思います。

2年前の北京五輪の時に、ウクライナ選手の一人が、ウクライナで戦争をしないでと訴えていましたが、あの選手は今も無事なんでしょうか。また2年後のミラノ・コルティナダンペッツォ大会に無事に参加してきてほしいなと思います。そして、この夏に行われる、パリオリンピックへの、この軍事侵攻の当事者であるロシアとロシアを支持する関係国の参加の禁止とする通達をIOCは行うことも考えてもいいのではないかと思います。

久々の困ったちゃんネタ

昨日の会社で仕事中の話。昼休憩に入るため、仕事で使った掃除道具をしまい、水筒を持って、空と一緒に食堂に向かっていた時に、居室内で例の困ったちゃんが、私の班の支援員さんに何やら話していたとのこと。その話とは、月曜日の社員のお弁当の、業者さんからの受け渡しの時、いつもなら守衛所から会社の総務に連絡が入り、総務から私たちが仕事で使うPHSに連絡が入るんですが、なかなか連絡が来ないため、総務の方に私から問い合わせてみても、業者さんが到着したとの連絡を受けていないとのことだったため、食堂で待機していたら、なんの連絡もないまま、業者さんがお弁当を持って上がってきて、「ずっと待ってたんですけど」と言われて、私が事情を業者さんに話して、弁当の配膳したんですが、その事で困ったちゃんは「業者さんキレ気味やったですよ。食堂でずっと座ってたけど、何やってたんですか?」など、何も事情を知らないのに、私たちが業者さんを待たせたまま、仕事をサボってたみたいなことを言ってたって空が言ってたんで、私は全く寝耳に水で、「は?」「なんであいつがなんの事情も知らないのに言ってんの?」という言葉が思わず出てしまいました。てか、困ったちゃんは、楽して金を儲けたいとか、そんなことほざいてますし、彼は「他の班に口出しするな。迷惑じゃ」とか啖呵を切ったくせに、何他の班のことに口出ししてんの?って二人で話してました。ちょっとムーッとしましたが、まぁ、まともに取り合うのもバカみたいだし、貴重な昼休みの時間が潰れますので、ほっておこうということになりました。よその班のことを偉そうに言えるほど、仕事してないじゃん。私が彼と同じ班で仕事してた時にやってた仕事、だいぶ端折って仕事量かなり減らしてるくせに、しょっちゅうヘルプ要請してるじゃん。データ入力用パソコンは二台しかないのに、データ入力の時、一人ボケーっと椅子に座ってるだけじゃん。あんなんで給料もらうなんて、給料ドロボーじゃん。偉そうによその班のことをあれこれ言うのであれば、私がやってたくらいの仕事してみろって、他のみんなの総意です。

いじめ被害報告相次ぐ。

札幌や大阪などで、いじめを苦にして命をたってしまった、児童生徒の調査にあたっていた第三者委員会の報告が相次いで発表されましたね。複合的なことが重なって、自死してしまった。直接の原因がはっきりしないなどの文言が並んでいますが、見方を変えれば、それだけありとあらゆるいじめ行為が、被害児童生徒に大して行われていたと言えるわけで、それだけ加害児童生徒による執拗な加害行為が行われていたのではないかと思います。それぞれ一つ一つの加害行為が積み重なって、被害者が命を絶たなければならない状態にまで追い込まれてしまったのだろうと思います。

加害者がこれから先の人生を生きることができる一方で、亡くなられた被害者は、さらに何十年と生きれるはずだった未来が奪われ、残された方々もずっと長い間我が子や兄弟姉妹を失った悲しみを抱えていかなくてはならず、非常に辛い毎日を送る日々ではないかと思います。

今一度、今いじめ加害行為を行なっている側に聞きたいんですが、人が悲しむ姿を見て楽しい?人が涙を流すのを見て何も思わない?自分がやったこと、言ったことで相手が自殺しても、自殺未遂を起こしても何も思わない?そんな奴は人のツラした鬼。鬼畜な野郎です。

レールボンド窃盗犯逮捕

山陽本線宇部線などで相次いだレールに電流を流して、列車の位置を把握するために必要な、銅線のレールボンドを転売目的で盗み出し、列車の運行に支障をきたしたとして、宇部市の会社役員、河原大貴容疑者を逮捕しました。警察は共犯者がいると見て、捜査をしているとのことです。

ようやく逮捕されたかと思いますが、話によると、金に困って犯行に及んだとのことです。直接の容疑は、山陽本線厚東駅近くのレールボンド33万円相当を盗んだとのことですが、まだまだ余罪が出てきそうですね。全部合わせると数百万円程度になるかと思いますが、今後は被害にあった銅線の時価相当の金額に、列車を運休させて失った収入や、一部区間では代行輸送も行われたため、その手配や代替輸送の費用、助客が失った利益、復旧にあたった人員に対する人件費などの賠償請求が行われると思いますが、おそらく億単位の額になるでしょうね。いくら会社役員という役職であったとしても、多額の賠償金を支払えないでしょうし、会社の役員に犯罪者がいるとなれば、役員の職を解任させられるでしょうし、会社の社会的信用を失墜させたとして、会社側からも損害賠償請求が行われるかもしれません。少しの利益に目を奪われて、失ったものがあまりにも大きすぎるなと感じますね。

どこで試合するの?

24日に迫っている、パリオリンピック女子サッカー最終予選の北朝鮮戦。平壌金日成スタジアムでの開催が予定されていましたが、国交がなく直行便がない国どうしの対戦では、AFCアジアサッカー連盟)は、第三国でのアウェーでの試合を開催することを通告しています。北朝鮮への働きかけをしていますが、北朝鮮側が承認していないのか、試合開始まで後4日に迫った今朝の段階でも、どこで試合を行うのかが見通せない状態になっています。当初の予定通り、平壌で開催するのか、サウジアラビアで開催するのか、中国大連で開催するのか、はっきりしません。ここまで決まらないとなると、選手も調整が難しいでしょうし、監督やコーチ、スタッフの方も対応のやりようがないように思います。

ここまで開催地が決まらないのは、日本サッカー連盟やAFCの対応が鈍く遅いため。北朝鮮との対戦が決まった時点で、こうなる可能性は明らかであったにも関わらず、何も取り決めてなかったためだろうと思います。北朝鮮が試合会場について同意しないのであれば、試合放棄したとみなして、没収試合として、スコアを3ー0として、日本側に一勝を与える措置を講じるべきではないかと思います。