池袋暴走事故、被告は無罪を主張

 池袋で2019年4月に、近くに住む主婦の松永茉奈さん(当時31歳)と長女の莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられて死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)は、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた被告人質問で、「ブレーキとアクセルは踏み間違えていない」と改めて無罪を主張しました。「車が制御できないと思いパニックになった」としながらも、運転ミスはなかったと強調しました。

 

「アクセルを踏んでいないのに、エンジンが高速で回転して加速した」。弁護側の質問に、飯塚被告は車の不具合があったと主張しました。ブレーキを右足で何度も踏んだが減速せず、原因を確認しようと視線を落とすと「アクセルが運転席の床に張り付いているのが見えた」そうです。「車を制御できないと思い、非常に恐ろしく感じた」と振り返ったそうです。

 事故後は病院に救急搬送され、その夜に事故の惨状を聞かされたとし、「松永さん親子が亡くなったと聞いて大変ショックだった。ご冥福をお祈りしたいという気持ちでいっぱいです」と語りました。

 検察側は、周囲の車のドライブレコーダーの映像などを元に、飯塚被告の説明が矛盾していると追及しました。検事から「アクセルとブレーキを踏み間違えたのではないか、もう一度だけよく考えてください」と促されましたが、被告は「私としては踏み間違えた記憶は一切ありません」と言い放ちました。加齢による認知や運動能力の衰えについても「車の運転については問題ないと思っていた」と述べました。

 起訴状によりますと、飯塚被告は19年4月19日、豊島区の路上を時速60キロで走行中、車線変更の際にブレーキとアクセルを奮起間違えてアクセルペダルを踏み続け、時速96キロまで加速して交差点に進入し、横断歩道を渡っていた松永さん親子をはねて死亡させ、通行人ら9人を負傷させたとされています。

 

松永さんの夫の拓哉さんは「荒唐無稽な主張をされ続け、事故後一番絶望した」と話されています。これまでの公判では、飯塚被告の車の記録装置にアクセルペダルを踏みこんだデータが残っていたことや、ブレーキランプが点灯していなかったとする目撃証言が明らかになっています。拓哉さんは運転ミスを否定した飯塚被告委の主張に対して「たくさんの物証があるのに、絶対に自分は間違えていないとよく言えるなと思う」と憤りをあらわにしています。

また、茉奈さん莉子ちゃんに「ご冥福を祈りたい」と述べたことには、「自分は悪くないのであれば、そんな軽い言葉はいらない」と話しています。

 

 この事故では、車を製造した、TOYOTAの整備担当者が詳しく車を調べた結果、車に不具合はなかったということも明らかになっています。そして数多くの目撃証言や、ドライブレコーダーの映像から、ブレーキが踏まれた証拠はどこからも出てきません。本当に自分はブレーキを踏んだと思っているのか、そう信じているのか、定かではありませんが、私の印象では、プライドが高くて自分がしてしまったことに対して、謝罪することができないんではないかという感じがします。これまでエリート官僚の道を歩んできた身にとって、自分の過失を認めて謝罪するというのは、屈辱以外の何物でもないんじゃないでしょうか。おそらく不祥事があっても部下がしりぬぐいをしてきてくれたんでしょうね。この事故にしても、自分が悪いんじゃなくて、車を作ったメーカーに責任があるとしておけば、自分は責任を負うことなく、軽い罪で済むと考えているんじゃないでしょうか。はっきり言って、この被告が言っていることは矛盾だらけで、説明がつかないことがあまりにも多すぎます。自分でもおかしいと思わないんでしょうか?まさに老害ですね。