宮島卒業旅行パート1

 今日、この前卒業した息子と、学校のクラスメイトや先生と一緒に宮島まで出かけてきました。今日は曇り空で、天気には恵まれませんでしたが、昨日までの寒さも幾分和らいで、あまり寒さを感じなかったので助かりました。
 途中駅でいったん下車して、先生やクラスメイトだった男の子ひとりと、先生と合流して瀬戸内海に沿って山陽本線を東へ。
イメージ 1
これは、山陽本線の富海→戸田の間で見た今日の瀬戸内海です。この区間は、山陽本線の絶景ポイントとなっています。
さらに山陽本線を東に走って、途中駅から乗ってきた別の男の子と、お母さんと合流。光を過ぎたあたりまでは覚えているんですが、その後は、朝早かったことも影響したんでしょうか、睡魔に襲われて、大畠瀬戸や柳井を過ぎてからの瀬戸内海の風景をほとんど見ないまま、乗換駅の岩国に到着。そして予定通り、宮島連絡船への乗換駅である宮島口に到着。駅を降りた途端、食欲をそそるアナゴの焼けるいいにおいが漂ってました。そのいい香りをかぎながら連絡船に乗船。
イメージ 2
ここが連絡船乗換駅の宮島口駅。ここは大勢の観光客が利用するので、駅構内もかなり広くなってます。
イメージ 3
やがて連絡船が桟橋に到着。この船に乗って宮島に向かいます。対岸の宮島とは1キロほどしか離れていないので、海というよりは、幅の広い川のようにも見えます。
イメージ 4
連絡船のデッキから眺めた厳島神社の大鳥居。今日わたしたちが行ったときは、海水に浸かってました。
イメージ 5
イメージ 6
宮島といえばやはり鹿でしょうか。あちこちで見かけましたよ。
イメージ 7
イメージ 8
広島名物のカキを焼いているところです。皆でおいしくいただきました。うんめぇ~。
イメージ 9
そしてこちらは揚げモミジ。普通のもみじ饅頭とは違って、さくっとした食感が特徴的な宮島名物の揚げ菓子です。

この後、厳島神社に行って、さらにアナゴ飯を食べてとパート2に続きます。