電車内での暴力事件

この前、JR宇都宮線の車内で、優先席で寝そべりながら加熱式のタバコを吸っていた男を注意した男子高校生が、逆ギレした男に暴行を受けて、頬骨を骨折する大怪我をする事件がありました。男は男子高校生を車内からおろしたあとも、暴行を加え、土下座までさせて、警察に暴行などの容疑で逮捕されました。
男子高校生は喘息の持病があり、電車内で気分が悪くなるのを避けるために、喫煙をやめてほしいと伝えたそうですが、それが何故か加害者の男には「相手が喧嘩を売ってきた」と捉えて、正当防衛のために殴ったなどと言っているようですが、相手が暴力を振るったわけでもなく、骨折するほどの大怪我をさせて、正当防衛もへったくれもないだろうと、正直私は思いました。どんな理由があろうと、禁煙車内でタバコを吸うのもルール違反ですし、まして喫煙をやめてほしいと言われて暴力を振るうのは言語道断です。ハッキリ言って、こいつは社会の規範を守るとか、そんなことは考えてないんでしょうね。
こんなやつが車を運転させたらあおり運転とかの危険運転をやるんだろうなって思います。
愛煙家から見れば、タバコを吸う権利があると主張するかもしれませんが、権利を主張するのであれば、まずは自分たちがやっている行動を顧みて、禁煙エリアでの喫煙やたばこの吸い殻の投げ捨てなど、そういったマナーというか、モラルをきちんと守れよって思います。きちんと社会的なルールやモラルを守れないくせに、権利だけは主張するなって思います。一部の人間がやっていることなんでしょうけど、こういった喫煙者のマナーのなさを見ると、どうしても毛嫌いされてしまうのも無理はないかなって気がする私です。