整骨院へ行ってきた

 先週からどうも薬の副作用が再発して、一向に収まらない私。胸の圧迫感や息苦しさ、筋肉のこわばりに倦怠感などが症状として現れていて、この前メンタルクリニックを受診したときに、私の体に出ている症状を話したんですが、薬のせいじゃないといわれて、どうにも納得がいかなかった私。明らかに今処方されている薬を服用しだしてから体調に異変が出ているのは、私自身が一番よくい分かっているので、とりあえずこの前新しく追加になった薬は中止してもらって、今は睡眠薬を服用して寝てます。

 ただ、このままいたずらに症状が長引いても困りますので、以前耳の三半規管がやられて、私には効果のあった鍼治療をしてもらいに、近所の整骨院に行ってきました。首と肩に全部で8本電気針を指してもらって、おおよそ20分くらいでしょうか、ベッドでうつ伏せになって治療してもらったんですが、治療してもらった後は、少し胸の圧迫感や息苦しさがよくなりました。明日も整骨院は営業してますので、明日も午前中の用事が終わったら治療してもらいに行ってきます。

 整骨院の先生の話では、薬の離脱症状が出ているということでした。本当薬というのは副作用が出ると、どれだけ大変なことになるのか、身をもって分かった私です。これまで特に深く考えずに処方された薬を服用してましたが、処方された薬を服用していて、何か少しでもおかしなことや、体調に異変を感じたときは、直ちに服用を中止して、指示をあおぐことが大事だなと思いました。それにしても本当この一か月半の間、薬の副作用に振り回され続けた私です。多分、これ以上体調が悪化することはないと思いますので、あとは回復据えるのを祈るばかりですね。