やっぱり菅さんが勝ちましたか

 今日、開票が行われた、自民党の総裁選挙。菅氏が石破氏や岸田氏を破って、総裁の任に着くことになりました。派閥に所属している議員の多くからの支持を集めたほか、地方票でも順調に票を伸ばして、石破氏や岸田氏に大差をつけての勝利となりました。菅氏は内閣官房償還として数多くの記者会見などに臨み、安倍政権を支えてきた人物の一人ですが、私は安倍カラーを引き継ぐのではなく、独自色を出してほしいなと思います。組閣人事も多分大きく入れ替わることになるのではないかと思いますが、そろそろ女性閣僚を今までよりも増やさないと、諸外国に大きく差を開けられてしまうのではないかと思います。女性にも有能な人はたくさんいるはずで、女性閣僚の増加を期待したいところです。また、安倍政権ではアベノミクスでトリクルダウンが起きて、広く経済の好循環が生まれると言ってましたが、残念ながらトリクルダウンは起きませんでした。もう少し低所得者層に対するテコ入れ政策を行ってもらいたいなと思います。それと、安倍政権では森友、加計問題や桜を見る会などのスキャンダルが起こりましたが、こういったスキャンダルには、我々国民が納得する説明を求めたいと思います。安倍総理はのらりくらりとかわして、公費で桜を見る会に大勢の各界の重鎮を招いていましたが、こういった税金の使い道をはっきりと誰もが解るように説明してもらいたいです。安倍政権のこういった負の遺産というか、負の面の継承は絶対しないでもらいたいです。我々は常に総理大臣として菅さんの一挙手一投足を観ています。菅さんには、国民から常に見られているということを念頭において、総裁という重責を果たしてもらいたいと思います。まずはお手並み拝見ですね。