赤木ファイル…

 もりとも学園の文書改ざん問題で、改ざんのいきさつを残して亡くなられた、財務省の赤木さんのファイルが開示されましたね。これまで赤木ファイルの存在を明らかにしてこなかった財務省や官僚たちですが、これで赤木ファイルが明るみになって、具体的に佐川元理財局長などの隠ぺい工作の指示があったことや、あからさまな偽装工作の一部始終が明らかになると思いますが、これまで政府や自民党・安倍政権の官僚たちが存否を明らかにしてこなかった理由は、政権への打撃や事実を知られては困る人物がいたわけで、それが赤木さんに対する文書の改ざん命令という形に表れて、正義感の強かった赤木さんが虚偽の書類を作成することに耐えきれなくて、自らの命を絶ってしまう結果になったわけですが、これで安部前総理の任命責任や、安倍総理明恵婦人が名誉総裁を務めるに至った経緯や、直轄官庁である財務省のトップである麻生財務大臣の責任を問われるんじゃないかと思います。そして佐川理財局長の、国会で虚偽の答弁をした偽証罪についても、司法は調査すべきです。赤木さんが命をかけて残したファイル。その貴重な証拠を生かすためにも、検察側は本腰を入れて調査に当たってもらいたいです。それが亡くなられた赤木さんの思いを報いることだと思います。いつも悪が生き延びる世の中であってはいけないと思います。