商品券を配るくらいなら消費税を上げるな

 来年の10月に消費税が現行の8%から10%に引き上げられることが決まりました。消費税増税によって景気の悪化を抑えるために、キャッシュレス決済をした場合、2%分のポイントを付与する・商品券などを配布する・現金を支給するなどの対策を施すと言っていますが、そんなばらまき政策をするくらいなら、初めから消費税を上げるなって思います。商品券の配布だって、現金の支給だって、結局は我々が払った税金から支出されるわけですよね。そんなことをするくらいなら、消費税をあげずに、財政の立て直しを図る方が大事なんじゃないかと思います。
 安倍総理は以前、身を切る改革を断行すると公言してましたが、参議院一票の格差を是正するためだと言って、参議院の定数を増やす法案をゴリ押しで通しましたが、これって全然身を切る改革になってないじゃんと思います。身を切る改革というのは、国会議員を減らすことができないのであれば、議員報酬を減らすとか、欠員が出たからと言ってすぐに補欠選挙をするのではなく、選挙で次点になった人を繰り上げ当選するとか、そういった制度改革を断行して、徹底的に無駄な支出を抑えて、それでも税収が足りないので増税をさせて欲しいというのであれば、我々も納得できますが、自分たちは全然身を切る改革をやってなくて、以前消費税が5%から8%に上がったときに、増税分は社会保障費に回すと言っておきながら、実際はどうだったというと、大企業の法人税の引き下げが行われ、法人税が引き下げられた企業は従業員に還元したかと言えば、内部留保をため込むことに一生懸命で、結局は国民には痛みだけが押し付けられた格好になりました。それは来年10月の消費増税の時も同じことが行われるんじゃないかと思います。
 私は国が吸い上げる税金は、国会議員が贅沢をするために必要な贅金じゃないかと思ってます。