財務省のセクハラ問題

 財務省福田純事務次官のセクハラ発言疑惑。ここにきてテレビ朝日は19日午前0時から記者会見を開き、社内調査の結果、同社の女性社員にセクハラ被害があったと発表しました。テレビ朝日は同日夜、財務省に抗議文を提出しました。
 テレビ朝日の会見によりますと、女性社員はおよそ1年半前から取材目的で複数回、福田氏と二人で会食する機会があったそうですが、福田氏のセクハラ発言に悩まされていたということです。身を守るために会話を録音し、今月に入り、車内で常氏に福田氏の行為を報道するように進言しましたが断られたため、週刊新潮に録音の一部を提供したということです。
 抗議文は、テレビ朝日の篠塚浩報道局長名で、財務省の矢野康治官房長あてです。テレビ朝日は抗議文で女性社員の取材の過程で「わいせつな言葉などセクハラ行為が相当数あったと判断した」と表明。セクハラ行為を「到底容認できるものではありません」として徹底的な調査と、その結果の公表を財務省に求めています。テレビ朝日によると、抗議文の提出方法を巡り、財務省側との調整に手間取ったということです。最終的に19日中に伝えることを優先し、広報室に提出。官房長に届けるように求めたそうです。一方、福田氏は同日朝、テレビ朝日の見解について、都内で記者団に対し音声データは一部しかとっていない。全体から見ればセクハラに該当しない」と従来の主張を繰り返しました。

この問題、福田氏が女性記者にセクハラ発言を浴びせかけて、その疑惑が報道されると、被害を受けた女性記者に「自ら名乗り出るように」と言って、物議を醸しだしたことが発端になっているわけですが、正直、私の感想は「往生際が悪い」という感じです。全体から見ればセクハラに該当しないというのは、本人の個人的な見解でしかなくて、女性記者が「セクハラ被害を受けた」と感じた時点で、セクハラというものは成立するんです。それを「自分が何もやましいこと・セクハラ発言はしていない」などとでも言いたげな態度には、男の私から見てもイライラが募りますし、怒りを覚えますね。
 この問題や森友学園の問題も絡んで、財務省は大揺れに揺れていますが、私は麻生大臣の責任は極めて重いと思います。ここまで事態が悪化しているのに、自らに責任はないと言ってますが、果たして本当に責任がないんでしょうか。管理監督者として、私は失格だと思いますが…。まぁ、安倍政権の驕りが出たんでしょうね。この政権もいよいよ地に墜ちたなって気がします。もはや末期症状ですね…。