青酸連続殺人事件・筧被告に死刑判決

 近畿3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件で、高齢男性4人に対する厚保人などの罪に問われた筧千佐子被告(70)-京都府向日市ーの裁判員裁判の判決で、京都地裁は7日、求刑通り死刑を言い渡しました。3件の殺人罪、1件の強盗殺人未遂罪の成立をすべて認め、中川綾子裁判長は「金銭欲のために人命を軽視し、結果は極めて重大。極刑を選択をせざるを得ない」と述べました。千佐子被告の認知症については「軽症で供述は信用できる」などとしました。
 最初に発覚した夫の勇夫さんの殺害事件では、司法解剖の遺体から青酸を検出しました。千佐子被告の自宅プランター内から微量の生産を検出しており、判決は「被告は生産を所持し、事件発生前後の時間帯に被害者と一緒にいた。遺品も取得しようとしており、犯人は被告しか考えられない」と指摘。生産をカプセルに入れるなどして飲ませ、殺害したと認定しました。
 バイクを運転中に転倒して死亡し、遺体から青酸が検出された内縁の夫、本田正徳さんの事件も同様に殺人罪の成立を認めました。
 内縁の夫の日置稔さんに対する殺人・知人の末広利明さんに対する強盗殺人未遂の両事件は、当初病死とされて警察が司法解剖せず、青酸が検出されていなかったそうです。弁護側は自殺や病死などの可能性を訴えましたが、判決は「搬送時の所見などから青酸中毒以外の可能性は極めて低い」」と指摘しました。
 公判で千佐子被告が患う認知症の評価も争われました。弁護側は「事件当時から認知症で自白は信用できず、裁判を続ける能力もない」と主張しましたが、判決は「事件当時は発症しておらず責任能力があった。現在も軽症で訴訟能力はある」と退けました。千佐子被告の法廷供述の変遷が指摘されましたが、判決は勇夫さんの事件について「青酸で殺害したという核心部分は供述が一貫している」と判断。他事件は捜査段階での自白の信用性を認め、有罪の証拠としました。

この事件、発生当時大きく取り上げられ、その手口から大きな衝撃を与え、世間を震撼させた事件ですが、私は認知症を理由に極刑を免れようとしているようにしか思えないんですが。筧千佐子被告の周りで立て続けに4人もの男性が死亡するという実に不可解な事件であり、千佐子被告が多額の保険金目当てに殺害を企てたものと当時は大きく報道されていました。そして昨日の裁判となったわけですが、裁判長は被告の自白の信用性を認めての判決であり、弁護側は判決を不服として大阪高裁に控訴しましたが、このような不毛な裁判がさらに続くことになるんですね。