茨城放火殺人事件・32歳父親逮捕

 6日午前5時ごろ、茨城県日立市の日立警察署に男が「自宅に火をつけた」と言って出頭してきました。警察官が確認したところ、日立市田尻町2にある県営上田沢アパート(鉄筋コンクリート3階建て)の1階の一室が燃えており、焼け跡から女性一人と男児4人の遺体を発見しました。他に女児が病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。
 県警によりますと、男は自称会社員の小松博文容疑者(32)で、小松容疑者は「自宅に妻と5人の子供がいた」「6人を殺して火をつけた」と話したそうです。長女夢妃(むうあ)さん(11)の身体には刺されたり切られたりした複数の傷跡があり、県警は夢妃さんに対する殺人容疑で小松容疑者を緊急逮捕しました。
 逮捕容疑は、6日午前4時半ごろ、自宅で夢妃さんを殺害したとしています。小松容疑者は容疑を認めているそうです。
 県警によりますと、他に死亡したのは妻で会社員の恵さん(33)・長男幸虎(たから)さん(7)・次男龍煌(りゅあ)ちゃん(5)三男頼瑠(らいる)ちゃん(3)・四男澪瑠(れいる)ちゃん(3)で、夢妃さんは恵さんの連れ子だったということです。全員に刃物による複数の刺し傷があり、県警は司法解剖して死因を調べる方針だそうです。

 この事件、夫婦の間で別れ話が持ち上がっていたそうで、それが事件の引き金になったのではないかとみられていますが、何も子供まで巻き込むことないのではないかと思います。親の別れ話と、子供の命は、何の関係もないはずです。夫婦で別れ話が持ち上がっているのならば、法的機関で相談したうえで別れれば済む話で、妻や子供まで殺すなんておぞましいにもほどがあります。奥さんもまだ若く、小さな子供にはいろんな未来が待っていたはずです。それを大人の身勝手な理由で殺害するなんて、絶対に許せないです。

 おそらくこの事件は裁判員裁判で裁かれるものと思われますが、6人もの命が奪われた現場を証拠として見たときに、裁判員の方たちはあまりの凄惨な事件現場に絶句するのではないでしょうか。間違いなくこの男、死刑でしょうね。