リオデジャネイロオリンピック9日目

 リオデジャネイロオリンピックも後半に入りましたね。日本時間の昨夜から今朝にかけて行われた種目で、日本がメダルを獲得した種目はありませんでしたが、卓球の団体戦と、バドミントンがいいスタートを切りましたね。
 卓球の団体戦は女子の準々決勝が行われ、オーストリアと対戦。まずは福原選手が出場して、ゲームカウント3‐0で初戦をものにして、続く第2ゲームも石川選手がゲームカウント3‐1で勝って、ダブルスへ。ダブルスは福原選手と伊藤選手のコンビで出場し、こちらもゲームカウント3‐0で勝って、準決勝にコマを進めました。これで2大会連続のメダルに王手をかけましたね。

そして男子もシンガポール相手にファイナルゲームまでもつれましたが、勝利を収めて準々決勝にコマを進めました。水谷選手は個人戦の銅メダル獲得に続く団体戦のメダル獲得なるか、こちらも見どころですよね。

そして、バドミントンですが、男子ダブルス・ミックスダブルス・女子ダブルスともに決勝トーナメント進出が決まり、さらに奥原希望選手や山口茜選手も順当に勝つなど、好調を維持しています。さらに男子シングルスでも白星発進するなど、複数の種目でメダル獲得の期待が高まってますねぇ。

一方で、競泳は今日が最終日。400メートルメドレーリレーの決勝に臨んだ日本ですが、結果は5位に終わりました。この大会で気になったのが、入江選手の不調。どこか体調の悪いところでもあったのでしょうか。以前のような泳ぎが見られなかったのが悔やまれますね。
 そして、やはり強かったのが、アメリカのマイケル・フェルプス選手。あの強さは異次元としか言いようのない強さですよね。金メダルだけで23個というのは、驚くべき数字です。今日のメドレーリレーでも、アメリカチームは男女ともすべて個人種目のメダリストをそろえてきてましたが、あれだけの実力者がそろえば、強いですよね。

そして、テニスでは準決勝で錦織選手はアンディー・マレー選手に敗れて、3位決定戦に回ることになりましたが、こちらも強敵のナダル選手。果たして銅メダル獲得なるか、こちらも注目です。

また、今日は陸上の女子マラソンが行われますよね。アテネ大会以来のメダル獲得なるか、日本女子マラソン選手の奮起に期待したいところです。たぶん2時間20分を切るようなレースになるんじゃないかなぁ。生中継で見られたらいいんですけどね。