女子サッカーワールドカップ、なでしこジャパン開幕2連勝

 カナダで開催中の女子サッカーワールドカップ。今日はグループCの試合が行なわれ、日本代表なでしこジャパンカメルーン代表と対戦し、前半にあげた2点のリードを守りきって、2-1で勝利して、勝ち点を6に伸ばし、グループCの首位に立ちました。あのアフリカ勢特有の身体能力の高さに、後半は押し込まれるシーンもあったようですが、組織的な守備体系を崩されること無く、相手の反撃を押さえての勝利に、2連覇への道も開けてきたのではないかと思います。あとは、南米代表のエクアドルとの対戦が組まれていますが、決勝トーナメント進出に向けての攻撃の布陣や守備隊形の確認や、今大会まだ出場していない選手にも、ワールドカップを経験させる意味でも、ひょっとしたら佐々木監督はメンバーを入れ替えてくるかもしれませんね。あとはエクアドル相手に何点取れるか楽しみにしたいと思います。今日もエクアドルはスイス戦で10-1と大敗を喫して予選リーグ敗退が決まってますんで、選手の士気の面でもどうなのかなって気がします。これでCグループは1位が日本・2位がスイス・3位がカメルーン・4位がエクアドルと言う順位になりましたが、今日の勝利で、グループをトップ通過する可能性が高くなりましたね。決勝トーナメントに進出すると、強豪国ばかりとの対戦となると思いますが、なでしこらしい、細かいパスを繋いで攻撃するサッカーを展開して欲しいなと思います。