雑学クイズ地理編

まずは前回の答え合わせからです。前回は気圧が低くなれば液体から気体に変わる沸点が低くなるのかを当てる問題でひたが、それは気圧が低くなると液体の表面を押す大気の圧力が低くなるため、低い温度で沸騰することになります。沸点とは液体の表面を押す力と、液体から気体に変わるときの帰化するときに出るエネルギーが釣り合いが取れる温度のことを言います。

では今回の問題。今回は鉄道地理に関する問題です。時刻表の地図を開くと、山口県岩国駅櫛ケ浜駅の間は柳井周りの山陽本線と、周防高森経由の岩徳線の2ルートあります。今の柳井周りのルートが開通するまでは今の岩徳線ルートが山陽本線でした。国家の屋台骨を支える最重要幹線は今は柳井周りのルートが開通すると、距離が岩徳線経由よりも長いにもかかわらず山陽本線となりました。では、岩徳線山陽本線ではなくなった理由は何だったのでしょうか?