尼崎市中2男子自殺事件

 兵庫県尼崎市で2018年11月、踏切で電車にはねられて死亡した市立中学2年の男子生徒(当時14歳)について、転校前に通っていた神戸市立の小中学校でのいじめの有無などを確認するため神戸市教委が設置した第三者委員会は3日、小学校で机に「死ね」などと落書きされるいじめを受け、このいじめが一因で自殺したとする調査報告書を提出しました。

 第三者委員会によりますと、生徒は小学5年~中学1年に神戸市立の小中学校に通っていました。小学6年の卒業間近だった17年3月、教室の机に油性マジックで「デブ」「死ね」などと落書きされるいじめを受けました。神戸市立中学校入学後隠れて自傷行為を繰り返すようになり、1年秋に尼崎市立中学校に転校。その後精神科病院への入院を経てフリースクールに張り、スクールの帰りに尼崎市内の踏切で電車にはねられてなくなりました

 第三者委員会は落書きしたのが誰かは不明としつつもいじめと認定し、生徒にとって「トラウマ」だったとしました。小学校の担任教諭が落書きを生徒の自作自演ではないかと疑っており、中学進学時に「いじめは本人の捏造」と引き継がれた可能性が高く、「より繊細に生徒を見る必要があった」と指摘しています。

 

 小学校5年から中学2年まで続いたこのいじめ、小学校に担任だった教諭が「落書きは生徒の自作自演」と疑っているのには、何か根拠があったのでしょうか。この時、きちんと対応していれば、このような最悪な結末は迎えずに済んだのかもしれません。

 それと、自殺した生徒の机に「死ね」っていうメッセージを残した奴に言いたいのは、あんたが描いたこの言葉にひどく心傷ついて、人の命が一つ失われたんだよ。どう責任を取るつもりなのか?それとも死人に口なしでそのままずっと黙って逃げるつもりなんですか?人の心を傷つけ、人の命を奪っておきながら逃げるなんて、ずいぶんと卑怯なことするんですね。そんなことをしたあなたには、今後ずっと人を殺したという重い十字架を背負い、死ぬまでずっと苦しみ続けなければならない責任があります。人を殺した報いです。