尾身会長と菅総理が対立?

 今日のネットニュースで、感染症分科会の尾身茂会長と、菅総理が対立している・東京オリンピックに関する尾身茂会長の発言に菅総理が激怒しているということが報じられていました。尾身会長の「このパンデミックの下では、オリンピック開催はないわけで…」などと発言したことに対して、菅総理が顔を潰されたと感じて、激怒しているそうなんですが、ニュースを読む限りでは、私は尾身茂会長は至極まっとうなことを述べているだけであって、「安心安全な大会にする」と言いながらも、具体的に。何をどうするのかそういった指針を示さない菅総理の方が、私個人的には、何の説明責任も果たしていないとしか思えないんですが。何をどうやったら、国民が安心しておりんぴっきうを迎えられるのか、そういった具体的行動を見せてもらいたいです。尾身会長が危惧しているのは、オリンピック・パラリンピックが閉幕した後に、感染拡大が今よりも、もっと格段に速くなった場合の対応が困難を極めることを言っているのであって、もしそうなった場合の責任はだれがとるのか。IOCが責任を肩代わりするのか、日本政府にあるのか、JOCにあるのか、オリンピック組織委員会がとるのか、開催自治体の東京がとるのか、そういったことも一切明らかになっていない中での開催は、無謀な気がする私です。

 私自身、オリンピック観戦自体大好きなので、選手の躍動する姿をこの目で見たい・感動を分かち合いたいという思いは強いですが、その前に国民や、参加する選手の安全が最大限確保されなければならないことは言うまでもなく、それが確保できないのであれば、もう一度再考する方がいいのではないでしょうか。開幕まで50日を切って、開催か中止かを決めるタイムリミットは刻一刻と近づいています。