また悲しい事件が起こりましたね…。

 福岡県篠栗町で2020年4月、5歳の幼稚園児だった碇翔士郎ちゃんに十分な食事を与えず餓死させたとして、母親で無職の碇利恵(39)、赤堀恵美子(48)両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕しました。赤堀容疑者は碇容疑者から生活保護費などをだまし取ったとして、詐欺などの容疑で逮捕、起訴されています。県警は両容疑者の家庭の生活費を赤堀容疑者が事実上管理し、翔士郎ちゃんの命を保護する責任があったとして、今回の逮捕に踏み切りました。

 県警によりますと、碇容疑者には、翔士郎ちゃんのほかに小学生の兄二人との4人暮らしだったそうです。

 逮捕容疑は共謀して、19年8月ごろから翔士郎ちゃんの食事の量や回数を減らし、20年3月下旬に重度の低栄養状態に陥ったにもかかわらず十分な食事を与えずに餓死させたとしています。碇容疑者は「母親として後悔してもしきれない」と大筋で容疑を認めています。一方、赤堀容疑者は「碇家の食事の管理は一切していない」などと、容疑を否認しています。

 翔士郎ちゃんが20年4月18日に意識を失い、呼吸をしていないことに碇容疑者が気付き、赤堀容疑者が駆け付けたそうです。知人が119番し、搬送先の病院が死亡を確認したそうです。翔士郎ちゃんやせ細り、体重は10キロほどしかなかったそうです。県警が水面下で捜査をしていたそうです。

 県警や近隣住民らによりますと、両容疑者は16年4月ごろ、それぞれの子供が笹栗町内の幼稚園に通っていて知り合い、ママ友として仲良くなったそうです。しかし、碇容疑者が赤堀容疑者の言いなりになる関係になったそうです。捜査関係者の話によりますと、碇容疑者が19年5月に離婚すると、その傾向が強まり、碇容疑者は生活費の大半を赤堀容疑者に渡すようになったとみられます。赤堀容疑者は、碇容疑者の元夫が不倫をしていたと嘘をつき、浮気調査や不倫相手に渡す慰謝料の名目で、碇容疑者に児童手当や生活保護費の中から現金を支払うように求め、19年6月から20年4月、計187万円をだまし取ったとして、詐欺などの容疑で逮捕、起訴されました。翔士郎ちゃんの死後の20年6月にも、元夫を訴える裁判費用の名目で、碇容疑者から12万円をだまし取ったとされています。

 捜査関係者によりますと、赤堀容疑者は碇容疑者の家庭からできるだけ多くの生活費を搾取するために、厳しい初食事制限をしていたと見ています。赤堀容疑者は食料が尽きた一家に時折、コメやパン、菓子などを差し入れたそうですが、一家はわずかな米をおかゆにして分け合うこともあったということです。家賃の滞納が続くなど、一家の経済的困窮は深刻で、県警はとりわけ幼い翔士郎ちゃんの衰弱が進んだとみています。

 

 この事件、なんか特異な面を見せていますよね…。なぜ碇容疑者がここまで赤堀容疑者の言いなりにならなければならなかったのか…。この事件の首謀者は赤堀容疑者なんでしょうけど、碇容疑者も逃げ出すきっかけはいくらでもあったように思いますが。

 赤堀容疑者の写真を見ましたけど、めっちゃ太ってて、ろくに食事も食べられずに衰弱して亡くなった翔士郎ちゃんの様子とはまるっきり逆に、赤堀容疑者は碇容疑者から巻き上げた金で、ぜいたくなものを食べてたんでしょうね。でなければ、あれだけ太らないでしょ。結局は、自分は楽して金をい奪い、自分のせいでがりがりにやせ細って衰弱していく幼い子供のことなんか、どうでもよかったんじゃないでしょうか。また、碇容疑者も、赤堀容疑者の言いなりになるのではなく、子供を守るため、逃げる勇気を持ってほしかったです。赤堀容疑者のやったことは絶対に許せないですし、碇容疑者の赤堀容疑者に言いなりになって幼い子供がなくなったことに対する責任は極めて重たいと思います。

 

 もうこんな悲しい事件、いい加減やめませんか。犠牲になっていい子供なんていないんです。子供一人一人に明るい未来があって、みんなその未来を生きる権利を持っているんです。大人の身勝手極まりない理由で、子供が犠牲になるのは、あまりにも悲しすぎます。