今年の初打ち

 今日は音楽センターでの練習があった日。息子を連れて練習会場のある音楽センターに12時40分ごろについて、13時から練習スタート。息子はマリンバとドラムを任されていて、今年の初打ちは元気いっぱい、重低音の轟くバスドラを連打しながら、スネアドラムやハイハットやシンバルを叩いていました。今年もいつもの音楽が身近にある風景が戻ってきて、息子も楽しんだようでした。私は練習部屋の隣の部屋で、息子のドラム演奏を聴きながらフェイスブックをいじったりしてたんですが、あれだけ大きな音が鳴り響くにも拘らず、なぜか眠くなってきた私。少しの間、昼寝をしてたみたいです。ここで不思議に思ったのが、あれだけ騒々しい音が鳴り響く中でも昼寝できるのに、夜、静かな環境の中で寝ようとすると、なぜ眼が冴えてしまうのか…。ウーン、人体の不思議の一つですねぇ。

  そして、練習が終わって、帰ろうとすると、担当の先生から提案があったんですが、息子も月3回の練習にしませんか?という事でした。我が家は息子にも畑仕事を手伝ってもらってる関係上、なかなか月3回のレッスンは、難しいのかなぁと思います。せっかくのお誘いなんですが、次の練習の時にちょっと無理だということを伝えておこうと思う私です。

 今はコロナのこともありますので、みんなで集まって何かしようと言う事も、なかなか難しいですが、こうやって音楽を楽しめる環境がまだ残されているということに、感謝しなければいけないなって思う私です。