雑学クイズ科学編

まずは前回の答合わせからです。前回は地球から見える一等星の中で、1番遠くに位置する白鳥座のデネブを32.6光年のところに持ってきて、いま超新星爆発を起こしたら、32.6年後地球はどうなるのかを当てる問題でしたが、まず最初にやってくる衝撃波によって地球の待機が剥ぎ取られます。その後にやってくる爆風によって、地球は跡形もなく破壊されて、この宇宙からは消えてなくなるというのが正解でした。それほどにまで超新星爆発の威力というのは凄いものなんですね。あと数千万年後にはデネブは超新星爆発を起こすと考えられています。

 では今回の問題。今回はブラックホールに関する問題です。ブラックホールといえば、この世で一番速いスピードで進む光でさえ脱出することができない天体として知られていますが、では、光さえ脱出できなくなる点をなんと呼ぶか当ててください。
 因みに地球人類が初めてブラックホールの存在を確認できたのは、白鳥座X1と呼ばれる天体で、発見されたのは今からおよそ50年前のことでした。そのご、観測技術の進歩により、M87銀河の中心に存在する超巨大ブラックホールが、直に写真に写されたのが大きな話題になりましたよね。