CDラックの引っ越し

 今日は私が買ったCDを置いてあるCDラックの引っ越しをしました。昨日までは私の寝室のすぐ後ろの横引ドアのすぐ後ろに置いてあったんですが、他に息子の机とか置いてある関係で、一部が通り道を塞いでいる状態で、しょっちゅう足の小指をぶつけてかなり痛い思いをしてきたので、母が書斎が狭くなるという反対するのを押し切って、私のパソコンを置いてある書斎に引っ越しさせました。息子に手伝ってもらって、CDを乗せたまま抱えて書斎まで移動させたんですが、CDも、枚数が多くなればかなり重たかったです。私が今持っているCDは、私が買い集めだしてから30年以上がたっているため、かなりの枚数になっていて、二人で息を合わせて運ばないと腰を痛めそうでしたが、何とか運び終えました。枚数を数えたらどれくらいの枚数になるのかなぁ…?。多分通算で5000曲くらいにはなると思うので、単純に一枚のCDに10曲収録されているとして、500枚くらい?まぁ、今日運び出してみて、改めて自分でもよく集めたなぁと我ながら感心してます。

 一枚一枚改めて観てみると、一番古い曲だと40年前の曲もあったりして、懐かしい感じがしますね。80年代後半から90年代にかけてのJ-POPは、私の青春時代そのものです。チェッカーズ涙のリクエストとか、杉山清貴&オメガトライブの二人の夏物語とか、レベッカのフレンズとか、中森明菜さんの飾りじゃないのよ涙はとか、まぁ、懐かしい曲がわんさかと出てきます。これらの曲を聴いていると青春時代に戻れそうな、そんな気がします。


f:id:sakura542gou:20191110160800j:plain

これが私のCDコレクション。まだ移動させたばかりなのでちょっと乱雑になっていますが、全て私の青春時代を彩った曲ばかりです。