離婚闘争記

洗脳の恐怖

何年か前に、X JAPANのToshlさんがMASAYA氏率いる自己啓発セミナーの洗脳の実態を克明に記した本を出版されましたが、Toshlさんが人気絶頂だったX JAPANでの華々しい活躍の裏で、数多くのトラブルを抱えていて、そのことで悩んでいるToshlさんの前に現れたの…

 DVをする側の心理

今も大きな社会問題となっているDV( ドメスティックヴァイオレンス(配偶者間暴力))。そのDV行為をする側の心理ってどんなものなんでしょうか。元嫁とのDVを経験した者として少し考えてみました。 元嫁が私に対してDVをするようになったのは、統一教会に狂っ…

自伝的小説。今、元嫁と出会ったところまで書いてます

暇な時を見つけては、ワードパッドを開いて、自伝的小説を書いている私。これまで、幼稚園編・小学校低学年編・小学校高学年編・中学生編・高校生編と書き終わって、今は元嫁と結婚するまでをメインにした、社会人編を書いています。高校を卒業して1996年に…

DV加害者の特徴

私は折に触れてDVについてブログで、私自身が元嫁からされたことも踏まえて書き込みしてきましたが、あるブロガーさんのところお邪魔させていただくと、DV加害者のことについて当事者として詳しく書かれていて、私が体験したこととまったく同じだと思い、DV…

政府が統一教会をサギ集団として取り締まれない理由

政府が統一教会をサギ集団として取り締まれない理由…。その主な要因は、日本や韓国の政財界に太いパイプがあって、日本の政治家にも多額の献金が行われているため、日本政府も、憲法で保障されている信教の自由を理由に、突っ込んだ取り組みや、被害者救済の…

自伝的小説

私は今、これまでの人生を振り返ってみようと思い、暇な時を見つけてはパソコンを使って、自伝的小説を書いています。昭和47年に大阪府内で生れて、幼稚園への入園や小学校への入学。大阪で暮らしていたころの思い出や、小学6年の時に何の前触れもなく、私に…

統一教会の資金源

この前は統一教会が行う合同祝福結婚式で集まるお金が教団の大きな資金源になっていると書きましたが、そのほかに大きな資金源となっているのが、統一教会の教祖であった、文鮮明の掲げる教義に関することです。まず統一教会が教義として掲げているのが、日…

合同祝福結婚式

統一教会の大きな収入源の一つに、合同祝福結婚式というのがあります。この合同祝福結婚式には、大きく分けて2つあります。まずは統一教会の奴らが選んだ男女を結婚させるものと、入信前にすでに夫婦になっていた者を正式な信者として迎え入れるために、結婚…

統一教会の洗脳の実態

私は折に触れて、元嫁が深く関わった統一教会のことについてヤフーブログで書いてきました。それは国際的な巨大サギ集団である、統一教会がどのように信者を獲得し、情け容赦ない洗脳を施して多額の献金をさせて、家庭を崩壊へと向かわせるか、その実態を知…

私がブログを書き続ける理由

私がYahoo!の時代からブログを書き始めて今年で丸8年半になります。このうち、最初の1年4か月余りの記事は、ストーカー女によって脅迫を受けて、ブログを閉鎖したため記事が残っていませんが、今の名前で再開した後(ヤフー時代はさくら542号)、いろいろと書…

統一教会のSNS戦略

さっき、にほんブログ村で統一教会と入力して検索をかけてみると、おそらく統一教会の信者が書いた思われるブログの書き込みが数多く上位にランキングされていました。読んだ内容からは死んだ文鮮明の教えについてとか、統一教会の教義は素晴らしいなどとい…

信教の自由のない子供たち

統一教会の重要な儀式の一つに、合同祝福結婚式というのがあります。この結婚式は統一教会の教祖だった文鮮明が、マッチングさせて選んだ男女を結婚させるもので、それまで全く何の面識もない人物同士が、文鮮明から選ばれた相手と合同祝福結婚式に臨み、夫…

保険の見直し

今日、保険会社からの新たな保険商品のDMが届いていて、今必要な保険とギャップが生じてきているため、保険の見直しの手続きに行ってきました。私が今の保険会社と契約を結んだのが今から10年前。ちょうど元嫁が統一教会に狂って、結婚生活が破たんしていた…

私が睡眠障害にかかったその理由

私が睡眠障害になってしまったその理由。今度セカンドオピニオンで、県立の病院の先生にも話さなくてはならないと思いますが、改めてここでまとめてみようと思います。直接の原因と言えば、元嫁の度重なる隣近所や幼稚園・学校の先生とのトラブルで、その火…

私はこれで離婚を決意しました

今日、ダイヤモンドオンラインの記事の中で、離婚にまつわる記事が掲載されていました。20代で離婚をした男女の離婚を決意した理由と、その後の人生についての記事だったんですが、20代で離婚した人は、おおむね離婚ということに対して、後悔はしていないよ…

8年前のお正月

8年前、私は元嫁の度重なる暴言や非常識なふるまい・息子に対する虐待や、隣近所や私の親兄弟・身内との度重なるトラブルに疲れ果て、肉体的にも精神的にもボロボロになって一緒に暮らしていた家を飛び出し、実家に身を寄せるようになりました。 別居を開始…

あの日から8年。地獄のような日々からの脱出

今日は、私が元嫁に離婚を叩きつけて、事実上結婚生活が終わった日です。もうあの日から8年という際月が流れたのかと思うと、あっという間だったような気もします。元嫁の息子に対する身体的・精神的虐待、私に対するDV・元嫁が統一教会に狂って、家事の一切…

統一教会の被害実態

今日、久しぶりに統一教会被害者家族の会のホームページを見てみました。そこには寄せられた相談内容の一部が掲載されており、家族や親兄弟が入信して、どうやったらやめさせることが出来るかとか、しつこく勧誘されて、自分の住所や電話番号などを教えてし…

私の人生回顧録~後書き~

先週、私の経験した事実をもとに書き記した回顧録は幕を閉じました。私が自分自身の過去をさらけ出そうと思ったのは、最初は、私に対していじめの加害行為を働いた加害者への報復・統一教会にのめり込み、家庭を崩壊させた元嫁への報復的な意味合いが強かっ…

私の人生回顧録~その後~

2010年8月に離婚が成立して、私の心の中に残ったのは、元嫁に対する激しい憎悪の念と怒りでした。この感情をうまく処理できれば、私の精神も安定していたんでしょうけど、私が心の中に抱えていた憎悪の念や、激しい怒りをどこにぶつけていいのかわからず、精…

私の人生回顧録離婚調停編

2010年8月に行われた8回目の離婚調停によって、ようやく離婚が成立した私たち。2010年の都市初めに離婚調停が始まって、この8か月もの間は神経をすり減らし、体調を崩していた時期でもあったので、体力的にも、精神的にも非常にしんどい期間でした。それもよ…

私の人生回顧録離婚調停編

離婚をめぐる元嫁とのバトルも終わりが見えて、ようやく精神的にも落ち着いて生活できる環境が整った私。お盆休みが終わって最後の離婚調停では、子供の養育費の支払いをどうするのかが主な争点となりました。この時私が調停員さんから聞いた養育費の平均額…

私の人生回顧録離婚調停編

7回目の離婚調停で「子供たちの意見を尊重する」ということで、息子は私が引き取り、次男は自分の意志で母親である元嫁のと暮らすことになりました。そして、夏休みに入って息子が家にやってきました。まだこの時は親権は元嫁の側にお会ったので、夏休みの間…

私の人生回顧録離婚調停編

離婚調停も始まってから半年が過ぎて、正直「もういい加減早く終わってくれよ」そう思ってました。金のためならどこまでもしつこく食い下がる元嫁に対して、正直辟易してました。7回目の調停は子供が夏休み期間中だということもあって、元嫁が子供たちを連れ…

私の人生回顧録離婚調停編

第5回目の離婚調停は、ゴールデンウィークが明けた五月半ばに行われました。息子の太ももに残されたひっかき傷の写真をもって、私は裁判所に向かいました。そして、その写真を調停員さんに見せて、「息子は「お母さんに引っかかれた。お母さん嫌だ」と言って…

私の人生回顧録離婚調停編

4回目の離婚調停が終わって、仕事の期限付き応援に伴う異動や、調停の時のプレッシャーなど、常に強いストレスを感じていた私。体全体を覆う疲労感と、繰り返される下痢。本当、この時の体調は満身創痍といった感じでした。応援で移動した先の職場は夜勤があ…

私の人生回顧録離婚調停編

4回目の離婚調停を終えて、調停員さんの心情も「元嫁に子供を任せるのはどうも危険なんじゃないか」という風潮に傾いていったようです。私としては、一刻も早く離婚調停を終わらせて、仕事にも専念できる環境を整えたいという思いもありました。元嫁がなかな…

私の人生回顧録離婚調停編

息子の入学式を終えて、家に帰った私。息子も支援学校の中学部に入学して、一回り大きくなったような気がしました。 そして息子の入学式の余韻に浸る間もなく4回目の離婚調停が4月半ばに行われました。元嫁は私が子供たちの住民票の異動禁止措置を取っていた…

私の人生回顧録離婚調停編

春休みが終わって、それぞれ新しい学校・学年に進学した子供たち。息子は総合支援学校・次男は地元の小学校の3年生になった2010年4月。息子の支援学校での入学式が行われるということで、私は休みを取っていくことになりました。この時は、子供たちは元嫁と…

私の人生回顧録離婚調停編

私が子供たちの住民票の異動禁止措置を取っていることに対して抗議の電話をかけてきた元嫁。たしかにこのままでは住民票の異動が出来なくて困るだろうなと思いましたが、私も今まで元嫁からされてきた酷い仕打ちを考えると、困ってます→無条件で異動禁止措置…